会社概要弊社概要と代表挨拶

ごあいさつ

代表取締役 蒲谷亘

薬局の置かれている環境が確実に変化している中、薬局の経営者及び勤務している薬剤師の苦労は年々過度になっています。
薬局の経営者は『だぶつく在庫の支払い』、勤務している薬剤師は『製薬会社のモラルのない包装変更』『面分業や薬剤変更の為に生じたデッドストック』『長期処方の為の在庫管理』といった悩みが、日本中から聞こえてきます。

『リバイバルドラッグ』は、薬局の『主役たちの悩み』に応えるために立ち上げた『皆様が参加する』医療用医薬品の卸売問屋です。

デッドストック、不良在庫、不動在庫と様々な呼び名で「薬」が調剤室の片隅で何年も泣いています。
「薬」は薬剤師の手で調剤されることにより、初めて「医薬品」として人々の役に立つことができます。

『あなたの薬局で泣いている薬たちを、出番のある薬局で復活させたい』

リバイバルドラッグでは、輝きのある舞台で復活する薬たちを 『Reneed Drug』と呼んでいます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

株式会社リバイバルドラッグ 
代表取締役 蒲谷 亘

概要

  • 商 号
    株式会社リバイバルドラッグ
  • 代 表 者
    代表取締役 蒲谷 亘
  • 所 在 地
    〒213-0012
    神奈川県川崎市高津区坂戸1-6-19
    〒213-0001
    神奈川県川崎市高津区溝口3-11-17
  • 電話番号
  • FAX番号
    044-819-4286
  • 設 立
    2003年5月29日
  • 資 本 金
    900万円
  • 従 業 員
    8名
  • 事業内容
    医薬品の販売、医薬品の卸売、医療コンサルタント他
  • 登録許可
    卸売販売業(第3040015号)、
    古物商(第452530005552号)
  • 取引銀行
    湘南信用金庫 矢向支店
  • 関連薬局
    有限会社 カバヤ カバヤ薬局

代表者経歴・会社沿革

  • 1989年3月
    昭和大学薬学部薬学科卒業
  • 1989年4月
    塩野義製薬株式会社入社 MR職に従事
  • 1989年5月
    薬剤師免許取得
  • 1995年12月
    神奈川県川崎市にて、カバヤ調剤薬局坂戸店を開業
    神奈川県と東京都に薬局を8店舗経営(2016年9月末日)
  • 2003年5月
    有限会社わかばクラブ 発足
  • 2006年6月
    卸売販売業 免許取得
  • 2006年7月
    リバイバルドラッグのサイトをオープン
  • 2010年5月
    サイトを全面リニューアル
  • 2015年7月
    取扱品目数 延べ10万品目達成
    会員数1,500件達成
  • 2016年8月
    会員数2,000件達成
  • 2017年4月
    株式会社リバイバルドラッグ 組織変更
  • 2018年3月
    会員数3,000件達成
  • 2019年2月
    入札装置及びプログラムの特許取得 
    特許第6470452号

ページ先頭に戻る